アサヒ運輸株式会社



社長(西方賢朗)の挨拶


 

小さくてもキラリと光るアサヒ運輸株式会社 私は福山市という地方都市で従業員約45名運送会社を経営しています。
私は、二代目ですが小さくても特色ある運送会社を目指してきました。
初代(父)の苦労をずっと見続けてきて当時(昭和30年頃)はいわゆる一般運送でした。
それでまず車輌を低床車に変更し、エアサス車・セルフ車・ユニック車へと特殊車輌を 増やしていきました。重量屋としても「やればできる」との信念で、自分で玉掛道具・据付 道具等を作成し困難な仕事もこなしてきました。
まだまだ夢途中ですが、これからも頑張っていきたいと思います。